So-net無料ブログ作成
検索選択

「勉強しなさい!」とうるさい親をだまらせる超簡単な方法2つ [勉強法]

親から「勉強しなさい!」とよく言われますか?

こう言われると、気分が良くないですよね。

うるさい!」と言い返したくもなるでしょう。


しかし、これをほとんどゼロにできる方法があるのです。

余計なイライラが減りますよ。

ぜひ続きを読んでみてください。

500734.jpg


スポンサーリンク






勉強しているところを見せつける



ひとつめは、勉強している姿を見せるようにすることです。

親がうるさく言うのは、あなたに勉強をしてほしいと思っていて、また、あなたが勉強しているのかどうかを知りたがっている、ということでしょう。

そうであれば、その様子を見えるようにしてしまうことで、親は安心するのではないでしょうか。

安心すれば、「勉強しなさい」とは言わなくなるはずです。

自分の部屋ではなく、リビングなどで勉強すれば良いだけなので、簡単ですね。


勉強の成果を報告する



もうひとつは、勉強したことでどうなったかを知らせるようにすることです。

例えば、今日の勉強で学んだことを話したり、勉強していて困ったことが出てきたことなどを伝えましょう。

こうすることで、勉強していることが伝わるはずです。


そして、最も効果が高いのが、テストの点を良くすることです。

これは本当におすすめです。


親はテストの点で、子どもが勉強をしているのかどうかを判断する傾向が強いです。

普段は遊んでいても、点が取れていれば、それだけで安心するものです。

「これだけ点がとれているんだから、文句ないでしょ」と心の中でつぶやきながら、テストを見せましょう。


まとめ



勉強をせず、テストでも点がとれないとすれば、「勉強しなさい」と言われることは覚悟しましょう。

言われたくないなら、言う必要がないと思わせる工夫をすれば良いだけです。


スポンサーリンク




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました